02:26 2018年07月22日
災害・事故・事件

太平洋でマグニチュード6.1の地震

災害・事故・事件
短縮 URL
203

ソロモン諸島の首都ホニアラ(ガダルカナル島)から西に83キロのソロモン海でマグニチュード6.1の地震があった。ロシア科学アカデミー地球物理学局アルタイ・ サヤン支部が伝えた。

アルタイ・ サヤン支部の速報データによると、地震があったのは日本時間で14日16時25分、震源地は南緯09.48度、東経159.15度だった。

震源地の揺れの強さでは「破壊的」と評価されている。

地震の関連ニュースはこちら

関連:

ロシアの学者 地震予測機発明を宣言
専門家「もしイタリアで日本のような耐震建築がなされていたら、地震は大きな問題にはならなかった」
タグ
地震
コメント・ガイドディスカッション
Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
  • コメント