17:19 2021年01月27日
災害・事故・事件
短縮 URL
0 11
でフォローする

ハッカーが、検索エンジンやメールなどのインターネット関連のサービスを提供するYahooのユーザー5億人のデータを盗んでいたこと分かった。Yahoo社のプレスリリースが伝えた。

その中では「最近のYahoo! Inc社の調査によれば、ユーザーのアカウントに関する若干の情報が、2014年末、社のネットから盗まれた。我々は、国家に支援されたグループが関与していると見ている」と述べられている。

今回の事件についてYahoo! Inc社は、治安維持機関と協力して調査している。

なおYahoo! Inc社は、ユーザーに対し、秘密の質問や答えを変えるようアドバイスするとともに、もし2014年からパスワードを変更していない場合は、それを変更するよう勧めている。

なお、もし盗まれたのと同じデータが使用されている場合、他のサイトのアカウントでも同じことをする必要がある。さらにユーザーには、疑わしいアドレスのメールからファイルをダウンロードしないようアドバイスがなされている。

先に伝えられたところによると、日本の国家機関や政府省庁のサイトを対象に、今年上半期になされたサイバー攻撃の数は、記録的なものとなった。

関連:

ハッカー 禁止薬物を使用した選手に関するWADAの文書の新たな一部を暴露
ハッカー、米特殊部隊の「サイバー兵器」競売の意向
ハッカー 盗んだ米民主党文書の一部を新たに公表
タグ
ハッカー
コメント・ガイドディスカッション
スプートニク経由でコメントFacebook経由でコメント
  • コメント