08:06 2019年04月24日
Air France

パリ近郊の森でボーイング社のパイロットが燃料数十トンを排出

© AFP 2019 / BORIS HORVAT
災害・事故・事件
短縮 URL
0 03

パリ近郊のフォンテーヌブローの森でエールフランス機のパイロットが故障のため大部分の燃料を排出することを余儀なくされた。ル・パリジャンが報じた。

ボーイング機はオルリー空港からガイアナへ向かっていたが技術的な問題によりパリに戻った。軽量化のため燃料のほとんどを排出した。

パリから55キロのフォンテーヌブロー市長フレデリック・ヴァレトゥ氏はTwitterで憤りを示した。

「このようなことを許可するのはスキャンダルだ。年間フォンテーヌブローの森を1000万人が訪問する。国家の保護下にある自然エリアなのだ」と市長。

エールフランスも事故排出を確認しているが、事件の現場は特定していない。

先に伝えられたところによると、調査委員会はシナイ半島で墜落したロシアの飛行機であるエアバスのA321の胴体のどこで爆発が起きたかを特定した。

関連:

ロシア非常事態省の救助隊 ロシア機A321型機の犠牲者捜索のため無人機を出動させる(動画)
韓国軍用ヘリが米国との合同演習時に墜落
タグ
事件
コメント・ガイドディスカッション
Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
  • コメント