22:58 2017年03月28日
東京+ 9°C
モスクワ+ 3°C
    サムスンタブレット発火でデルタ航空機マンチェスターに緊急着陸

    サムスンタブレット発火でデルタ航空機マンチェスターに緊急着陸

    © Sputnik/ Marina Lisceva
    災害・事故・事件
    短縮 URL
    495843

    米航空会社デルタ航空の、米デトロイト発オランダアムステルダム行きの乗客用便DL138が、マンチェスター空港に緊急着陸した。原因はサムスンタブレットの発火。

    英デイリーメール紙が報じるところ、タブレットが煙を上げ始めたため着陸の決定が取られた。

    マンチェスター空港着陸後、タブレットは座席の間で挟まっているところを発見され、それが理由が過熱したと明らかになった。

    事故による負傷者はいない。

    先に伝えられたところによると、韓国では、Samsungのスマートフォン「Galaxy Note 7」のバッテリーが爆発する危険性があることから、同機種の所有者20万人以上が新しいものに交換した。

    関連:

    飛行中の旅客機でサムソンのスマホから発煙
    ブルームバーグ:ギャラクシーノート7の失敗は、Appleを追い抜く試みと関係
    タグ
    サムスン
    コメント・ガイドディスカッション
    Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
    • コメント

    全てのコメント

    • ネットもぐら
      ……なんだか臭いがしてきたな、サムスンイジメが始まったようだ。日本企業もさんざこれにいじめられた。次はヒュンダイか?38度線超えろとプレッシャーでもかけてるのか。
    • avatar
      豊岳正彦
      この程度で着陸する必要など無い。

      鉄の二重箱を用意して水を浸しておいて、発煙スマホを入れてふたをするだけで十分であろう。

      あるいは搭乗前手荷物検査時にすべてのリチウム電池を外して預けることを義務づけるとか。着陸後に返し、飛行中は機内電源(離着陸時はOFF)を使用するということにしとけばOKではないかな。
    新しいコメントを読む (0)