01:45 2020年10月31日
災害・事故・事件
短縮 URL
0 03
でフォローする

インドのデリーの緊急課がインディラ・ガンジー空港での放射性物質の少量の漏洩について報告した。NDTVテレビが報じた。

事件は、エールフランス航空機が載せていた抗癌薬の輸送中に発生した。

「放射性物質の漏洩は小さいく、心配するには及ばない」と関係者は述べている。

漏洩があった貨物エリアは封鎖され、避難が行われ、現場には緊急課が到着した。

インド原子力規制評議会は、放射性物質の正確な含有量は検査の過程でのみ確立されるとした。

先にスペインのパイロットが危うくプラハの空港で事故を免れたことが報じられた。

関連:

福島第1原発で高濃度の汚水漏れ
連休中に起こった悪夢:中国人観光客 蜂の大群に襲われる
タグ
事件, インド
コメント・ガイドディスカッション
スプートニク経由でコメントFacebook経由でコメント
  • コメント