12:06 2020年01月20日
災害・事故・事件
短縮 URL
0 05
でフォローする

麻薬中毒患者500人以上が昨日深夜、ベトナム南部にある薬物依存症リハビリセンターから大脱走をした。患者たちは警備を無力化し、南部ドンナイ省にあるセンターから勝手に逃げ出した。情報サイト「VnExpress」が報じた。

逃亡者たちを確保するため地元警察が動員された。朝までに150人ほどをセンターに戻すことに成功し、残った逃亡者の捜索は続いている。

警察の情報によると、逃亡した麻薬中毒者の集団はすでにリハビリセンター付近の個人商店を襲い、道に止めてあった車のガラスを割り、車の持ち主から金銭を要求している。

関連:

ベトナム「三つの否」政策
ベトナム男性、妻の恋人のペニスを切断
タグ
事件, ベトナム
コメント・ガイドディスカッション
Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
  • コメント