02:56 2018年06月26日
イスタンブール

イスタンブール周辺はマグニチュード7.6規模の地震は不可避、研究者らの予測

© Fotolia / Sergey Dzyuba
災害・事故・事件
短縮 URL
209

仏の有名な地球物理学者のグザビエ・ル・ピション氏はトルコのイスタンブール周辺で今後30年以内にマグニチュード7.6規模の大地震が必ず発生するとの予測を発表。ル・ピション氏はプレートテクトニクスのモデルを提出し、世界で最も有名な地球物理学者に数えられる存在。

ル・ピション氏は1999年8月17日のイズミット大地震(イスタンブールから90キロの地点)の発生以来、15年間にわたってマルマラ海のテクトニクス断層ラインを調査した結果、こうした結論に至った。イズミット大地震はマグニチュード7.6の揺れによって1万7千人以上もの死者が出る大惨事となった。

ル・ピジョン氏は次の地震の震源はイズミットとイスタンブール郊外でマルマラ海沿岸の都市シリヴリの間となると推測している。ル・ピジョン氏は「それはイスタンブールとシリヴリの70キロにわたるセグメント。その部分では必ずプレートテクトニクスが1回きり断層を起こす」と述べ、その際の揺れはトルコ北西部全体で感じられると補足している。

地震の関連ニュースはこちらから。

関連:

騒音と地震は論拠ではない:英国やっぱりガス採掘でフラッキングを許可
2日で190回の余震、鳥取県
タグ
地震, トルコ
コメント・ガイドディスカッション
Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
  • コメント