15:39 2018年02月22日
東京+ 2°C
モスクワ-11°C
    独警察、5地域で反テロ作戦実行:ロシアのパスポートを持ったチェチェン人を捜索中

    独警察、5地域で反テロ作戦実行:ロシアのパスポートを持ったチェチェン人を捜索中

    © AFP 2018/ Hendrik Schmidt / dpa
    災害・事故・事件
    短縮 URL
    141

    ドイツ警察が特殊部隊であるドイツ地方警察特別出動コマンド(SEK )と共に、テューリンゲン州、ハンブルク、ノルトライン - ヴェストファーレン州、ザクセン州、バイエルンといった5地域で反テロ特殊作戦を遂行した。

    捜索は12の部屋と1つの寮で行われた。容疑は、イスラム主義者グループの資金調達と関係している。作戦は、昨年から行われている28歳のチェチェン人男性の捜索の中間結果となった。この容疑者のほかに、さらに13人のロシア国籍の人物の捜索も行われたと声明には書かれている。これら人物は全て、ドイツへの亡命希望者だ。

    警察は、逮捕者があったかどうかの発表は控えた。

    「調査はテロ攻撃の具体的な脅威を示すものではない」と声明にはある。

    先に伝えられたところ、数100の難民が仏カレーの難民キャンプを後にした。

    関連:

    パリ当局 ほぼ1500人の不法移民キャンプを撤去
    日本クルド友好協会が慈善キャンペーンを実施
    タグ
    ドイツ
    コメント・ガイドディスカッション
    Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
    • コメント