17:56 2017年09月26日
東京+ 27°C
モスクワ+ 11°C
    捜索活動停止。救助隊、コロンビアでの飛行機墜落事故の生存者はいないと判断

    捜索活動停止。救助隊、コロンビアでの飛行機墜落事故の生存者はもういないと判断

    © 写真: Twitter/ MiOriente
    災害・事故・事件
    短縮 URL
    0 486501

    コロンビアの救助隊が、コロンビアで起きた飛行機墜落範囲での捜索活動を中止した。生存者はもういないと判断したため。「360 Radio Colombia」がアンティオキア県のホセ・アセベド警察長の情報をもとに報じた。

    同ラジオ局がツイッターで次のように報じた。

    「捜索活動は停止された。一帯に生存者はもういないため。」

    先に、豪雨のために救助活動が停止されたと報じられた。

    最新の情報によると、機内にいた81人のうち、生存者は5人。

    コロンビアで墜落した飛行機の乗客の中には、「PFC CSKAモスクワ」の元フィジカルコーチのパウロ・パイションの息子、アンデルソン・パイションがいた。

    関連:

    マスコミ:コロンビアでサッカークラブ「シャペコエンセ」の飛行機事故-13人生存(写真)
    コロンビア飛行機事故、81人のうち6人が生存
    タグ
    事故, コロンビア, ブラジル
    コメント・ガイドディスカッション
    Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
    • コメント