15:26 2018年11月16日
ドイツのフライブルク

ドイツで欧州委員会高官の娘が移民の手で殺害される

© REUTERS / Kai Pfaffenbach
災害・事故・事件
短縮 URL
113458

ドイツでアフガニスタン人の移民が、19歳の大学生をレイプし、殺害した疑いで逮捕された。

殺害された学生は、欧州委員会高官の娘マリヤ・ラデンブルガーさん。ラデンブルガーさんは、難民収容施設でボランティアとしても活動していた。デイリー・メール紙が報じた。

ラデンブルガーさんは、スイス国境に近い大学町フライブルクで、10月16日に遺体で発見された。

調査情報によると、ラデンブルガーさんは15日夜、イベントから自宅に向かう途中で男に襲われ、レイプされ、川で溺死させられた。

容疑者は12月2日に拘束された。DNA鑑定により、容疑者が犯罪に関与したことが証明された。

ラデンブルガーさんの父親のクレメンス・ラデンブルガー氏は法務博士で、欧州委員会の法務部責任者の補佐役を務めている。

関連:

エルドアン大統領、難民に国境開けるとEUをけん制
ハンガリー 難民受け入れ問題に関する国民投票が失敗
タグ
移民, ドイツ
コメント・ガイドディスカッション
Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
  • コメント