13:22 2018年11月16日
日本の排他的経済水域で違法操業した疑いでロシア人拘束

日本の排他的経済水域で違法操業した疑いでロシア人拘束

© Sputnik / Vladimir Fedorenko
災害・事故・事件
短縮 URL
0 56

日本の排他的経済水域で違法操業した疑いで、ロシア人が拘束された。5日、紋別海上保安部が明らかにした。

共同通信によると、拘束されたロシア人は、カンボジア船籍の漁船の船長。無許可でカニ漁をしていた疑いがもたれているという。

漁船は12月4日夜、北海道から約80キロの沖合で発見された。

関連:

スホイ33型機 「アドミラル・クズネツォフ」号に着陸する際にデッキの外に飛び出す
ドイツで欧州委員会高官の娘が移民の手で殺害される
タグ
事件, 日本, ロシア
コメント・ガイドディスカッション
Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
  • コメント