16:18 2018年05月23日
東京+ 19°C
モスクワ+ 19°C
    ベルギーの町アンダンヌで、NATOの監査長イブ・シャンデロン氏の遺体が発見された。

    NATO主任監察官、射殺される

    © AFP 2018 / Geoges Gobet
    災害・事故・事件
    短縮 URL
    139

    ベルギーの町アンダンヌで、NATOの監査長イブ・シャンデロン氏の遺体が発見された。シャンデロン氏の遺体が発見されたのは職場から140キロ、居住地の町レンスから100キロの地点。

    また、遺体のそばで未登録の銃が発見され、その銃により頭部が撃たれたと見られている。

    西側メディアの情報によると、シャンデロン氏は特に、テロリズムへの反資金調達問題に取り組んでいた。氏の周りの人は、氏が最近「奇妙な電話」を受けていたことを語った。

    先に、NATOがロシアの国境にこっそり近づいてきていることが伝えられた。

    関連:

    アンカラの通り、ロシア大使の名に改称へ
    メルケル首相 ロシア・NATO関係見直しを望む
    タグ
    事件
    コメント・ガイドディスカッション
    Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
    • コメント