03:11 2020年10月29日
災害・事故・事件
短縮 URL
0 141
でフォローする

戦略爆撃機B-52が米北部で訓練飛行を行っていた際に、エンジンの1つが外れた。情報サイト「Defense News」が軍の情報として報じた。

事故が起きたのは、ノースダコタ州ミノット空軍基地のあたり。5人の乗組員を乗せたB-52にはターボファンエンジン「TF33-P-3/103.」が8つ搭載されていたため、着陸に無事成功した。

落下したエンジンの破片は基地の北東40キロの地点で発見された。

先に伝えられたところでは、沖縄県宜野湾市にある米軍普天間飛行場所属の新型輸送機オスプレイが、6日に空中給油訓練を再開する

タグ
事故, 米国
コメント・ガイドディスカッション
スプートニク経由でコメントFacebook経由でコメント
  • コメント