06:04 2018年11月22日
漫画

妻殺害事件の謎、容疑者の編集者は誰からも好かれる面倒見のいい人

© AP Photo / Thibault Camus
災害・事故・事件
短縮 URL
0 10

大ヒット漫画「進撃の巨人」の編集にも関わった敏腕編集者が、妻殺害容疑で逮捕された。昨年8月、自宅で首を絞めて妻を殺害したとして講談社「モーニング」編集部編集次長、朴鐘顕(パク・チョンヒョン)容疑者(41、韓国籍)が10日、殺人容疑で警視庁に逮捕された。発生から約5カ月を経ての逮捕。

朴容疑者は同僚や漫画家から「誰からも好かれる面倒見のいい人。実績もあるのにひけらかすこともない」と信頼が厚かったという。逮捕の報に、同僚の男性は「とても優秀な人だったのにびっくりした。コミック部門や会社全体へのダメージは計り知れない」と肩を落とした。

自宅近くの男性(42)は妻について「あいさつをちゃんとしてくれた社交的な方だった」と話した。別の男性(76)は「奥さんはちょっと疲れているような表情だった」と振り返った。

事件から5ヵ月も経って、更に容疑者の証言が二転三転と変わっていることがあって、真相がとっても気になる事件に間違えない。サンケイスポーツ紙が報じた。

関連:

講談社社員が妻殺害容疑で逮捕 講談社がコメント 【写真】
猟奇的に殺人?水戸家裁が17歳少年を検察官送致
タグ
事件, 日本
コメント・ガイドディスカッション
Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
  • コメント