06:02 2020年08月10日
災害・事故・事件
短縮 URL
0 64
でフォローする

15日、JAXA(宇宙航空研究開発機構)は、超小型衛星を載せたミニロケットの打ち上げに失敗した。ミニロケット「SS-520」4号機は、鹿児島県にある内之浦宇宙空間観測所から、予定時刻の午前8時33分(日本時間)に打ち上げられたが、飛行中に機体からのデータが送られてこなくなり、飛行中止決定が下され、ロケットは海上に落下した。日本経済新聞が伝えた。

ミニロケットは、これまでの観測ロケットを改良したもので、大きさは電柱の大きさ程度、衛星を地球周回軌道に投入できるロケットとしては世界で最も小さいものだった。また部品には民生品が活用され、コストダウンを目指す新しいケースとして、打ち上げの行方が注目されていた。

打ち上げ後の記者会見で、JAXAの開発責任者である羽生准教授は「民生品に原因があったかどうかは分からない。機体のデータを送る機器は、これまでも使ってきた実績のある機器だ」と述べた。今後JAXAは、打ち上げ失敗の原因について、取得データなどから調査を進める考えだ。

関連:

「プログレス」事故に新説:ロケットの3段目が衝突した
日本初の月ゾンド、打ち上げへ
コメント・ガイドディスカッション
スプートニク経由でコメントFacebook経由でコメント
  • コメント