07:29 2017年12月14日
東京+ 2°C
モスクワ+ 1°C
    韓国人が窃盗の日本仏像、韓国の判決に日本、韓国両政府とも遺憾

    韓国人が窃盗の日本仏像、韓国の判決に日本、韓国両政府とも遺憾

    © 写真: 山奥順司
    災害・事故・事件
    短縮 URL
    213

    韓国の大田地裁が日本の寺から盗まれ、韓国に持ち込まれた仏像を所有権を主張する韓国の浮石寺に引き渡すよう命じた判決を出したことを受け、日本の文化庁は遺憾の念を表した。産経新聞が報じた。

    文化庁幹部は外交ルートを通じた返還要求を今後も続けて行くことを明らかにしている。

    仏像は長崎県指定有形文化財「観世音菩薩坐像(かんぜおんぼさつざぞう)」。2012年に韓国人の窃盗団によって長崎県対馬市の観音寺から盗まれたもので、浮石寺はもともとは同寺にあった仏像が倭寇によって略奪され日本に渡ったものと主張し、この主張が大田地裁に認められた。

    一方の韓国政府側もこの判決を是とはしていない。韓国外交部のチョ・ジュンヒョク報道官は26日の定例会見で、政府を代表した検察側の主張が認められなかったとして、判決内容を詳しく分析した上で関連法に基づいて必要な措置を取ることを明らかにしている。韓国文化財庁は検察の要請でまとめた調査報告書のなかで仏像は倭寇によって略奪された可能性が高いものの断定は難しいとの姿勢を表していた。聯合ニュースが報じた。

    タグ
    文化, 事件, 韓国, 日本
    コメント・ガイドディスカッション
    Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
    • コメント