14:34 2018年02月21日
東京+ 8°C
モスクワ-13°C
    Подрыв авиабомбы времен Великой Отечественной войны под Севастополем

    ベオグラードの中心部で第2次大戦時の爆弾が処理される

    © Sputnik/ Vasiliy Batanov
    災害・事故・事件
    短縮 URL
    0 0 0

    日曜朝、セルビア内務省の工兵らは、首都ベオグラードの中心部で、0.5トンの重さの爆弾を制御発破により処理した。同国内務省が伝えた。

    この爆弾は、ベオグラード中心部のサワ川右岸の建設現場で見つかったもので、昨日、周りに囲いがめぐらされた。専門家らは、この爆弾は、第二次世界大戦時に空から投下されたもので、移動させるべきではないとの結論を下し、爆発処理を日曜日と決めた。

    内務省は、ブラインドや鎧戸を下げ、カーテンを閉め、窓に近よらないよう、周囲半キロ四方の住民に警告した。2時間のあいだ、付近の通りや橋の通行は禁止となり、エリア内に止まっていた所有者の分からない車は、すべて撤去された。

    内務省の発表では、爆弾は無事成功裏に処理されたとのことだ。

    先に伝えられたところ、日曜日ドイツ南部アウクスブルクでは、第2次世界大戦中に投下された英国の爆弾が、街の中心部で発見されため、住民およそ5万4千人以上が、避難する騒ぎとなった。

    タグ
    事件, セルビア
    コメント・ガイドディスカッション
    Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
    • コメント