00:44 2017年02月28日
東京+ 5°C
モスクワ+ 3°C
    カバンの中の毒と秘密の口座:金正男氏殺害の謎が次々と浮上

    カバンの中の毒と秘密の口座:金正男氏殺害の謎が次々と浮上

    © AP Photo/ Shizuo Kambayashi
    災害・事故・事件
    短縮 URL
    北朝鮮最高指導者の兄、金正男氏マレーシアで殺害される (46)
    31731211

    北朝鮮の故金正日総書記の長男で、金正恩党委員長の異母兄の金正男氏がマレーシアの空港で殺害された事件で、新たな詳細が次々と報じられている。

    すでにベトナム国籍とミャンマー国籍の女2人が拘束された。だがタイムズ紙は、金正男氏の殺害は6人グループによるわずか数秒の犯行だったと報じた。

    タイムズ紙によると、犯行グループは2月13日にマレーシアのクアラルンプール国際空港の搭乗カウンターの近くで金正男氏を取り囲み、実行犯の女の1人が首を絞め上げ、即効性のある毒をかがせた。

    なお韓国のマスコミは襲撃の原因について、金正日総書記の遺産に関係していると報じている。かつて金正日総書記の後継 者候補と目されていたことのある金正男氏は、多額の金を受け取ったという。

    またメディアは、金正恩氏の叔父である張成沢氏が2013年に処刑された後、金正男氏が張成沢氏の外国の秘密口座を使っていたという情報も入手したという。

    またベトナム国籍の容疑者の女の1人が持っていたカバンから、非常に強い未知の毒物の入ったビンが見つかったことも分かった。先に伝えられたところによると、金正男氏の殺害に使用されたのはシアン化合物よりもはるかに毒性が強いものだったという。

    なお拘束されたベトナム国籍の女は、騙されたと主張しているという。マレーシア紙「星洲日報」電子版の消息筋によると、ベトナム国籍の女は、別の容疑者の女と一緒にいたずら映像に参加するために雇われたと供述している。

    トピック
    北朝鮮最高指導者の兄、金正男氏マレーシアで殺害される (46)
    タグ
    韓国
    コメント・ガイドディスカッション
    Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
    • コメント

    全てのコメント

    • avatar
      sy070208
      オウム事件でも使用さたVXガスで殺害されました。
    • unimaro unimaro
      んー、なんか、「あー、はいはい、そうですかー」って感じの、情報?、
      「こういう話もあるよ」と、一応引き出しにいれるけど、
      国籍がころころ変わるのがちょっとなぁ?
      で、
      「韓国が金の話」、、適当に思いつきが一人歩きで事実に思えるようになり、ってやつじゃない?あそこの社会は普通にあること。
      ベトナム人は、無関係かもね、まだわからんけど
    • avatar
      Y.Kodai
      ころころ変わる内容:
      毒針→毒物
      2人組→6人組
      北朝鮮人→ベトナム、、ミャンマー国籍

      警察の発表によれば、首都クアラルンプールの国際空港の出発ゾーンにいた金正男氏に1人の女性が近づき、金氏の頭部になんらかの液体を含ませた布を投げつけた。
      政府内の高官の発言によれば、金正男氏はマレーシアの首都クアラルンプールの空港で2人組の女に毒針で刺された模様。女2人はタクシーで現場から逃げ去ったとされている。
      jp.sputniknews.com/asia/201702143341560

      韓国の第2の野党「国民の党」のパク・チヴォン党首は政府内の高官の発言を引用し、金正男氏は事実、毒針によって毒殺されたことを明らかにした。
      パク氏は犯行現場を捉えた空港の監視カメラには北朝鮮人と思われる2人の女性が写っていたことを明らかにしているが、これは現時点では最終的な帰結とはされていない。
      jp.sputniknews.com/asia/201702153342750

      韓国の情報機関、国家情報院(国情院)は15日、北朝鮮の金正男氏が毒物で殺害されたという見方を明らかにした。説明を受けた議員が記者団に明らかにした。  国情院は「毒物(による殺害)は間違いないが、毒針だったかどうかは、司法解剖を通じて確認する必要がある」と指摘したという。
      さらに幹部は「(女は)正男氏の頭に化学物質を含んだ布をかぶせた」と述べた。「針で刺した」という韓国の報道とは食い違っている。この直後、正男氏は空港スタッフに助けを求めたとみられる。
      空港の監視カメラによると、布をかぶせた女は北朝鮮人のような外見で、もう一人の女と走って逃げたとみられている。幹部は「殺害の正確な動機は特定できていない。女2人の行方を追っている」と話した。正男氏は、空港からプトラジャヤの病院に搬送されたが、死亡が確認された。
      jp.sputniknews.com/incidents/201702153344769

      ベトナムにしてもミャンマーにしても”北”朝鮮人(何故か断定されている)と見間違われるような外見ではない。
      セキュリティカメラの映像も非公開のまま
      ネットユーザーの間で話題になって当然
    新しいコメントを読む (0)