09:42 2018年09月24日
ドイツ年金男性 「ハリボ」のお菓子のクマに毒を入れると脅迫

ドイツ年金男性 「ハリボ」のお菓子のクマに毒を入れると脅迫

© 写真: Pixabay
災害・事故・事件
短縮 URL
102

独ボン在住の男性年金生活者が製菓会社「ハリボ」とチェーンスーパーの「カウフランド」に対して、100万ユーロを渡さないなら両社の製品にシアン化合物を入れるとして強請をかけていた事件で独政権は事件の検証に乗り出した。

「カウフランド」の数テンポで男性は両社の製品に「危険、毒混入」と書かれたステッカーを貼っていた。また男性はインターネットを通じてシアン化合物を購入しようと試みたが、これに失敗している。
強請に走った原因は男性の需給する小額の年金。男性は毎月190ユーロの年金でようやく帳尻を合わせていたものの、病気で医者にかかった際に高額の薬を処方されるにいたって堪忍袋の緒が切れてしまった。

男性は昨年末、12月24日に逮捕されていたが、その後、一時的に拘束を解かれている。

先に伝えられたところによると、米ニュージャージー州トレントンにある幼稚園の教師が、5歳の生徒からヘロインが入った袋30個を見つけた

 

タグ
事件, ドイツ
コメント・ガイドディスカッション
Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
  • コメント