14:57 2018年12月11日
ロシア人将官、シリアで地雷を踏む

ロシア人将官、シリアで地雷を踏む

© Sputnik / Mikhail Alaeddin
災害・事故・事件
短縮 URL
シリアへのロシア作戦参加から1年、テロ闘争は今なお続く (74)
2124

ロシア軍のピョートル・ミリューヒン少将が1週間ほど前、パルミラ奪還の戦いの最中に地雷を踏んで負傷していたことがロシアのマスコミ各社の報道で明らかにされた。ミリューヒン少将は両足と片目を失い、特別機でモスクワへと搬送され、ブルデンコ記念軍事病院に入院させられている。

ミリューヒン少将はシリアでのテロとの戦いでロシアが行った作戦の中で負傷した将官としては初めて。

ミリューヒン氏は軍事作戦の策定を担当し、その遂行を監督していた。

3日、これより前、ルツコイ露連邦軍参謀本部作戦総局長はパルミラ奪還作戦はロシアの軍部顧問らの指導の下に計画、実行されたことを明らかにした。

トピック
シリアへのロシア作戦参加から1年、テロ闘争は今なお続く (74)
タグ
ロシア軍, ロシア, シリア
コメント・ガイドディスカッション
Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
  • コメント