19:31 2018年02月18日
東京+ 4°C
モスクワ-4°C
    Детеныш черного носорога с мамой

    フランスの動物園でシロサイが虐殺

    © Fotolia/ Sb
    災害・事故・事件
    短縮 URL
    1012

    仏首都のパリ郊外に位置するトワリー市の動物園で3月6日夜、無名人が「ビンス」という4歳のオスのシロサイの1頭を虐殺した。密猟者の狙いはシロサイの角だった。

    米メデイアによれば、ビンスは頭を3発撃たれ、密猟者が2本の角のうち1本をのこぎりで切断した。「ビンスの2本目の角は部分的に切断されており、密猟者は邪魔されたか、または(切断)道具に欠陥があったとみられる痕跡が残っていました」と、動物園関係者はフェスブックで説明。「職員全員がショックを受けている」とも書き込んだ。

    インディペンデントによると、欧州の動物園でこのような事件が初めて起こった。
    CNNによると、薬効に使用するためシロサイの角は需要があり、闇市場で1キロ5万1000ユーロ(約612万円)で販売されている。

    タグ
    事件, フランス
    コメント・ガイドディスカッション
    Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
    • コメント