07:18 2018年09月25日
カムチャッカのベズイミアニ火山、危険度最高レベルに

カムチャッカのベズイミアニ火山、危険度最高レベルに

© Sputnik / I. Nosov
災害・事故・事件
短縮 URL
126

カムチャッカ半島にあるベズイミアニ火山が、 国際民間航空機関(ICAO)の定める火山の危険度で一番高い「赤」レベルに指定された。ロシア科学アカデミー火山、地震学研究所カムチャツカ火山噴火対応チーム(KVERT)が発表した。

「赤」レベルは、火山が地元航空のみならず国際航空にとっても危険なことを意味する。

発表には、「9日、火山で、ベズイミアニ山の爆発的噴火の始まりとなった火山灰の強い噴出が確認された。KVERTのデータによると、噴出の高さは約7キロ。降灰は、北西方向に112キロにかけて広がった」とある。

ベズイミアニ山は、世界で最も活発で危険な火山の1つ。

コメント・ガイドディスカッション
Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
  • コメント