17:41 2018年08月20日
飛行機でメルボルンに向かっていた乗客のヘッドホンが爆発

飛行機でメルボルンに向かっていた乗客のヘッドホンが爆発【写真】

© Fotolia / Lita Chaiinkaew
災害・事故・事件
短縮 URL
135

オーストラリア当局は、北京発メルボルン行の旅客機で乗客女性のヘッドホンが爆発、発火したのを受け、機内での電池式機器の使用は危険だと警告した。

乗客の女性がオーストラリア運輸安全局に語ったところによると、女性がワイヤレスヘッドホンで音楽を聴きながらうとうとしていたところ、爆発音で目を覚ました。女性は「私が顔を覆ったらヘッドホンが首の辺りに落ちてしまった。焼けている感じが続いたので、ヘッドホンをつかんで床に投げた。ヘッドホンからは火花が出ていて、少し炎も上がっていた」と語った。

運輸安全局の発表によると、リチウムイオン電池の問題が原因の可能性がある。同局は、機内でのワイヤレス機器の使用が増え続けているため、このような出来事が再び起こる可能性もあると警告している。

それより前にサムスンは流通に残っているギャラクシーノート7を強制オフにすると伝えられた。

タグ
事件
コメント・ガイドディスカッション
Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
  • コメント