02:02 2018年06月19日
空港で軍人襲撃の男、パリ北部でも警官に発砲

空港で軍人襲撃の男、パリ北部でも警官に発砲

© AFP 2018 / CHRISTOPHE SIMON
災害・事故・事件
短縮 URL
125

パリ=オルリー空港で軍人に襲いかかった男は、パリ北部で起きた警官への発砲事件にも関与している。

スプートニク日本

BFMTVテレビが報じた。先に警官がパリ北部で、運転免許証チェックのため車を止めたところ、男は免許証を出した後、銃を取り出し、警官を撃った。その後男は逃亡した。事件は現地時間6時55分ころ(日本時間14時55分)に発生。空港での襲撃が起きたのは8時30分ころ(日本時間16時30分)。

テレビによると、警官に発砲したあと男は別の車を盗んだ。車はオルリー空港の駐車場で発見された。車内では血痕の付いたTシャツと男の身分証明書が発見された。

先に、何者かがパリ=オルリー空港でパトロール中の軍人に襲いかかり、軍人は男に向け発砲した。

タグ
事件, パリ, フランス
コメント・ガイドディスカッション
Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
  • コメント