08:24 2020年12月06日
災害・事故・事件
短縮 URL
126
でフォローする

モスクワのレフォルトフスキー地区裁判所が、特に大規模の詐欺の疑いで、エルミタージュ美術館のミハイル・ノヴィコフ副館長の2ヶ月間の自宅軟禁を言い渡した。

スプートニク日本

ノヴィコフ容疑者は、ロシア刑法第159条4項(集団でなされた特に巨額な詐欺)で規定された犯罪を犯した容疑がかけられている。

裁判所の報道官、エカテリーナ・クラスノワ氏は、判決に不服の場合控訴のため言い渡しから3日間の猶予が与えられると述べた。

タグ
詐欺, 事件, ロシア
コメント・ガイドディスカッション
スプートニク経由でコメントFacebook経由でコメント
  • コメント