10:48 2021年06月20日
災害・事故・事件
短縮 URL
203
でフォローする

脱北者の専門家らは正恩氏の異母兄の金正男氏の遺体が北朝鮮に返還されたことについて、北朝鮮が金正恩政権による暗殺の証拠隠滅という狙いがあると語った。AFP通信が報じた。

スプートニク日本

金正男氏の殺害後にマレーシアと北朝鮮の関係は悪化。しかし、今週なり、両国が出国禁止措置を解除し、正男氏の遺体の北朝鮮への引き渡しに合意した。

脱北者の韓国国家安保戦略研究所で研究者の金光鎮氏は「北朝鮮は遺体を焼却するだろう」と述べた。

AFP通信が報じたところによると、金氏は北朝鮮が金正男氏の死因を病死と宣言し、一連の騒動の責任を敵国になすりつけるつもりだと指摘。「北朝鮮は、キム・チョルという自国民が心臓発作で死亡し、韓国や米国が騒動を巻き起こしたと主張するはずだ」と述べた。「北朝鮮が遺体の引き渡しを求めるのは当然のこと。遺体が国外にある限り注目を集めてしまう」とも語った。

また、北朝鮮の国民から真実を隠すため、遺体の取り扱いを秘密裏に行うだろうとみている。

タグ
研究, 殺害, 金正男, マレーシア, 北朝鮮
コメント・ガイドディスカッション
スプートニク経由でコメントFacebook経由でコメント
  • コメント