23:30 2018年09月24日
ハリソン・フォード

空港でのミスでハリソン・フォード氏が処分されないのはなぜ?【動画】

© AP Photo / Invision/ Jordan Strauss
災害・事故・事件
短縮 URL
114

米連邦航空局(FAA)は、カルフォルニア州のジョン・ウェイン空港での誤着陸問題で、有名な米俳優ハリソン・フォード氏(73)を処分しない方針を決めた。

スプートニク日本

事故は2月13日に起きた。フォード氏が操縦する小型機「Aviat Husky」が滑走路ではなく、誘導路に着陸してしまったのだ。

着陸の際、小型機は離陸準備をしていたアメリカン航空のボーイング737の真上を通過。アメリカン航空便には100人以上の乗客と乗組員がいた。

免許剥奪、罰金、補修の可能性があると見られていたが、FAAは何らの措置も取らない方針を決めた。

フォード氏自身は着陸後に自らのミスを認め、航空会社に謝罪した後、調査に全面協力の姿勢を見せた。NBCが報じた。

 

タグ
事件, 事故
コメント・ガイドディスカッション
Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
  • コメント