08:02 2019年04月25日
米軍人 シリアでモスクを空爆した事実を認める

米軍部 シリアでモスクを空爆した事実を認める

© AFP 2019 / Omar Haj Kadour
災害・事故・事件
短縮 URL
174

米軍は3月シリアで宗教施設に属する建物に空爆を行ったことを認めた。CNNテレビが米国防総省内の消息筋からの情報として報じた。

スプートニク日本

空爆が行われたのは3月16日、アル・ジヌィ地区。これにより42人が死亡氏、その大半が一般住民だった。ところが当時米国防総省は、空爆が行われたのは宗教施設ではなく、アルカイダの武装戦闘員らの会合が行われていた隣の建物だったと主張する声明を出していた。

米国防総省内のCNNの消息筋は、調査が実施された結果、空爆を受けた建物は実際文化的な目的をもったものであったことが判明したと明かしている。そういった施設は通常、学校、病院と並び、攻撃対象にしてはならない建物リストに入れられている。

タグ
シリア, 米国
コメント・ガイドディスカッション
Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
  • コメント