19:38 2019年12月12日
世界74カ国 4万件超のサイバー攻撃、さらに拡大

世界74カ国 4万件超のサイバー攻撃、さらに拡大

© Fotolia / Oneinchpunch
災害・事故・事件
短縮 URL
3112
でフォローする

英国の多数の病院が12日、大規模なサイバー攻撃を受けた問題で、4万5千件以上のサイバー攻撃が欧州や日本を含むアジアなど74カ国で起きたと明らかになった。米メディアが報じた。

スプートニク日本

共同通信によると、被害に遭ったコンピューターに、仮想通貨「ビットコイン」で300ドル(約3万4千円)を支払うよう求める表示が出ており、「ランサムウエア」(身代金要求型ウイルス)とみられる。英BBCは、サイバー攻撃を行ったのは「シャドー・ブローカーズ」と呼ばれるハッカー集団であると伝えた。同集団は4月、米国家安全保障局(NSA)が開発したとみられる悪性ソフトを公開したという。

専門家らによれば、被害規模はさらに拡大する。伝えられるところでは、現在、74カ国は日本のほかロシアや中国、トルコ、ベトナム、フィリピン、イタリア、米国などが含まれ、ロシアが最大の被害を受けているとのことだ。

タグ
インターネット
コメント・ガイドディスカッション
Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
  • コメント