08:56 2017年09月26日
東京+ 21°C
モスクワ+ 11°C
    北朝鮮が弾道ミサイル発射、日本海落下 ICBMではない=米軍

    北朝鮮が弾道ミサイル発射、日本海落下 ICBMではない=米軍

    © REUTERS/ KCNA
    災害・事故・事件
    短縮 URL
    4170164

    北朝鮮は日本時間の14日午前5時28分ごろ、北西部亀城付近から東北東方向に弾道ミサイル1発を発射した。菅官房長官は西岸から弾道ミサイルを発射したことを受けて記者会見を行った。弾道ミサイルはおよそ30分間、約800キロ飛行し、日本海に落下した。共同通信が報じた。

    スプートニク日本

    菅官房長官は午前8時すぎの記者会見で「北朝鮮は本日5時28分ごろ、北朝鮮西岸のクソン付近から1発の弾道ミサイルを東北東方向に発射したと判断される。発射された弾道ミサイルは約30分間、約800キロ飛び、朝鮮半島東およそ400キロメートルの日本海上に落下したものと推定される。落下したのは排他的経済水域内ではないものと推定している」と語った。

    米太平洋軍は北朝鮮が発射したミサイルについて、種類を分析中とした上で大陸間弾道ミサイル(ICBM)ではないとの発表した。飛行の特徴がICBMと「一致しない」と指摘、米本土には脅威を与えなかったとした。

    タグ
    ミサイル, 日本, 北朝鮮, 米国
    コメント・ガイドディスカッション
    Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
    • コメント