01:10 2018年12月15日
日立

世界同時多発のサイバー攻撃 日立も被害を受ける

© 写真: Kārlis Dambrāns
災害・事故・事件
短縮 URL
0 26

15日、日立製作所は、サイバー攻撃を受けたため、社内システムに障害が発生していることを明らかにした。世界各地で同時多発したサイバー攻撃と同じウイルスだという。共同通信が報じた。

スプートニク日本

サイバー攻撃により、メールの送受信が遅れたり、添付ファイルが開けなくったりするなどの障害が生じた。

また共同通信によると15日、大阪市のホームページも閲覧できない状態になり、市はサイバー攻撃を受けた可能性も含めて調査を行っているという。

今回の大規模なサイバー攻撃では、英国での被害が大きく、日立は英国で鉄道事業を手掛けているため、被害などの確認を行っているという。

共同通信によると、攻撃では、米マイクロソフトの基本ソフト「ウィンドウズ」のセキュリティー上の欠陥が悪用されたとされており、少なくとも被害は150カ国に及んでいる。

日本政府は15日、首相官邸の危機管理センターに情報連絡室を設置した。

サイバー攻撃は12日から始まった。ウイルスはコンピューターのファイルにロックを掛け、解除のために金銭を要求する。被害が大きいロシアでは、携帯会社「メガフォン」、内務省、調査委員会などが感染。英国では国民保健サービス(NHS)が被害を受けた。

タグ
インターネット
コメント・ガイドディスカッション
Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
  • コメント