14:28 2018年12月10日
世界的規模のサイバー攻撃実行者らが手に入れた金額が明らかになる

世界的規模のサイバー攻撃実行者らが手に入れた金額が明らかになる

© Flickr / The Preiser Project
災害・事故・事件
短縮 URL
154

世界的規模のサイバー攻撃の実行者らは、攻撃したデバイスの機能を制限し、それを解除するために身代金を要求する ランサムウエアを使った攻撃で、被害者から4万2000ドル超を得たが、まだ被害者らが送った身代金は口座から引き落とされていない。タイムズが報じた。

スプートニク日本

欧州刑事警察機構(ユーロポール)のロブ・ウェインライト長官は、一連のサイバー攻撃は15日午前も続く可能性があると発表した。長官によると、大規模なサイバー攻撃の被害は、すでに世界150カ国で20万件確認されているという。

治安機関は、サイバー攻撃の被害者が金銭をビットコインとして送った3つのオンライン口座の監視を続けている。

なおガーディアン紙は、ランサムウエアは3日以内に支払わなければ300ドル相当のビットコインの要求額を2倍にすると脅しているため、身代金が値上がる可能性があると指摘している。また被害者が7日間以内に身代金を支払わなければ、すべてのファイルを削除すると脅している。

タグ
ハッカー, インターネット
コメント・ガイドディスカッション
Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
  • コメント