20:20 2019年12月12日
エジプト軍がリビア空爆 エジプト大統領、コプト教徒攻撃で報復と声明

エジプト軍がリビア空爆 エジプト大統領、コプト教徒攻撃で報復と声明

© Sputnik / Andrey Stenin
災害・事故・事件
短縮 URL
2612
でフォローする

エジプト空軍は26日、隣国リビアの北東部デルナを空爆した。エジプト国内で起こったキリスト教の一派コプト教徒攻撃事件への報復としている。共同通信が報じた。

スプートニク日本

エジプトのシシ大統領は攻撃事件をテロとして「エジプトを狙うテロリストへの攻撃を国内外で行う」と声明を表明した。

エジプト中部ミニヤ県で26日、キリスト教の一派であるコプト教徒を乗せたバスが、10人の戦闘員により攻撃を受けた。襲撃による犠牲者は25人となった。他に23人が負傷している。

先の報道では、エジプト北部のタンタとアレクサンドリアにあるキリスト教の一派、コプト教の教会で4月9日、相次いで爆発があり、保健当局によると計45人が死亡、126人超が負傷した。

タグ
空爆, テロ, エジプト, リビア
コメント・ガイドディスカッション
Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
  • コメント