14:51 2017年10月17日
東京+ 14°C
モスクワ+ 7°C
    カムチャツカ クリュチェフスキー火山 5千メートルの噴煙

    カムチャツカ クリュチェフスキー火山 5千メートルの噴煙

    © Sputnik/ Nachinkin M
    災害・事故・事件
    短縮 URL
    0 105941

    ユーラシア大陸でもっとも高い火山である、カムチャツカ半島のクリュチェフスキー火山が5日朝、5千メートルもの噴煙を噴き上げた。ロシア科学アカデミー火山、地震学研究所カムチャツカ火山噴火対応チーム(KVERT)が発表した。

    スプートニク日本

    発表には、「5日、火山灰の強い噴出が確認された。KVERTのデータによると、噴出の高さは約5キロ。降灰は、北東方向に30キロにかけて広がった」とある。

    クリュチェフスキー火山の標高は4850メートルで、最も近い集落クリューチは、火山から45キロ離れた地点にある。クリュチェフスキー火山の警戒レベルは最高の「赤」。ただし火山周辺の居住区までには灰は達していない。

    タグ
    火山, カムチャツカ, ロシア
    コメント・ガイドディスカッション
    Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
    • コメント