17:30 2018年09月24日
米国人 自分がサメに襲われた時の様子を撮影する【動画】

米国人 自分がサメに襲われた時の様子を撮影する【動画】

© Fotolia / Ramon Carretero
災害・事故・事件
短縮 URL
0 22

米国人のパーカー・シンプソンさんは、米フロリダでスピアフィッシングをしていた時、大きなネムリブカに襲われ、その様子を撮影した。

スプートニク日本

シンプソンさんが手で魚を握りながら水中で魚を探していた時、サメが現れる。だがシンプソンさんはすぐにはサメに気づかない。サメはシンプソンさんに近づいて襲い掛かり、足に噛み付いた。

シンプソンさんは、サメは魚を奪おうとしたのではないかと語った。一方、シンプソンさんが手から魚をはなした後も、サメは攻撃を続けた。だがサメは、その後戻ってこなかった。

シンプソンさんと友人のジャスティンさんはボートにたどり着き、シンプソンさんは病院で手当を受けた。4時間かかったという。

シンプソンさんは、サメにすねの動脈を傷つけられ、1リットル近く出血したと説明した。

先に伝えられたところによるとオーストラリア人が投げ縄でサメを捕まえようとしたが、サメに足の一部を噛みちぎられた

タグ
動物, 米国
コメント・ガイドディスカッション
Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
  • コメント