20:12 2017年10月17日
東京+ 15°C
モスクワ+ 11°C
    イランがシリア東部攻撃でIS戦闘員が65人死亡

    イランがシリア東部攻撃 IS戦闘員が65人死亡

    © REUTERS/ Rodi Said
    災害・事故・事件
    短縮 URL
    0 602140

    イラン革命防衛隊は20日、シリア東部デリゾール県付近を18日の中距離弾道ミサイル攻撃で、テロ組織「ダーイシュ(IS)」の戦闘員少なくとも65人が死亡したという声明を発表した。イランの国営テレビが報じた。

    スプートニク日本

    共同通信によると、声明では革命防衛隊は攻撃の理由として、今月にイランの首都テヘランで起きた同時テロへの報復を挙げた。犯行声明を出したISの拠点を狙ったという。ISが保有する戦車や自爆用の装置などを破壊したほか、多数の戦闘員にもけがを負わせたという。

    声明とは別に、革命防衛隊高官は「敵が再び過ちを犯せば、さらなる致命的な攻撃が頭上に降り注ぐだろう」と警告した。イランはロシアと同様、シリアのアサド政権を支援している。

    タグ
    ミサイル, 事件, ISIS, イラン, シリア
    コメント・ガイドディスカッション
    Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
    • コメント