23:29 2017年10月19日
東京+ 11°C
モスクワ+ 7°C
    「ボコ・ハラム」

    カメルーンで2つ爆発 死亡者6人-メディア

    © AP Photo/
    災害・事故・事件
    短縮 URL
    0 14701

    カメルーンの極北州で21日、2つの爆発があり、6人が死亡した。 スプートニクがAFP報道を基に報じた。

    スプートニク日本

    スプートニクによると、カメルンのコロファタ市で2人が自爆し、6人が死亡した。

    AFPが報じたところによると、カメルーンの極北でボコ・ハラムが活動。

    組織の名称「ボコ・ハラム」はハウサ語で「西の教育は罪」の意味。ナイジェリア人児童は様々な形態の暴力を受けている。若い女性や少女らはレイプをうけ、奴隷労働や結婚を強いられている。武装戦闘員らは学校の教師や生徒らを主に狙っており、2014年末までに300を超える学校が破壊され、196人、314人の生徒らが殺された。

    先の報道によると、21日、米ミシガン州のフリンの空港で警察官が刺されたテロ事件があった。

    タグ
    テロ事件, ボコ・ハラム
    コメント・ガイドディスカッション
    Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
    • コメント