00:17 2018年08月21日
メッカ

サウジのメッカでテロ計画 外国人の痕跡 サウジ内務省【写真】

© AFP 2018 / Mohammed Al-Shaikh
災害・事故・事件
短縮 URL
213

23日、サウジアラビアの治安部隊が、イスラム教の聖地メッカにある聖モスクへのテロ攻撃を未然に防いだ。テロを計画していた男と治安部隊の間で銃撃戦となり、治安部隊5人と外国人6人が負傷した。

スプートニク日本

内務省は「その計画が失敗に終わったテロネットワークは、聖モスクを狙い、あらゆる神聖を汚した… 彼らは外国から操作されている計画を実行し、国の安全保障と安定を乱すことを目的としている」と発表した。SPAが報じた。

アラブ諸国はテロ計画を非難し、ヨルダン、クウェート、バーレーン、パレスチナなどが、サウジ指導部への支持を表明した。

この前、サウジアラビア首都リヤドの警察が、リヤドの私立学校で起きた発砲事件で2人が死亡したと発表した

タグ
事件, テロ, サウジアラビア
コメント・ガイドディスカッション
Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
  • コメント