03:06 2017年10月21日
東京+ 15°C
モスクワ+ 5°C
    カムチャツカのクリュチェフスキイ火山

    カムチャツカ、クリュチェフスキー火山がカリムスキー火山に続き6000メートルの噴煙柱

    © Sputnik/ Ewgeniy Neskoromniy
    災害・事故・事件
    短縮 URL
    0 38401

    クリュチェフスキー火山は海抜6千メートルの高さの噴煙を吹き上げた。ロシア科学アカデミー極東支部 火山地震研究所 カムチャツカ火山噴火対応グループ (KVERT)が伝えた。

    スプートニク日本

    先に、カムチャツカのカリムスキー火山で27日、火山灰の強い噴出が確認された。

    噴煙は火山の南東の方向112キロに拡がっているという。その通り道にある居住区には灰の雲は拡がっておらず、降灰も記録されていない。

    KVERTの発表では航空危険コードは最高から1段階低い「オレンジ」に設定されたものの、火山付近では国際線の飛行は行われていない。

    火山に関連のニュースはこちら

    タグ
    火山, カムチャツカ, ロシア
    コメント・ガイドディスカッション
    Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
    • コメント