02:16 2018年01月20日
東京+ 7°C
モスクワ-8°C
    航空機の車輪

    ロンドンからラゴスまで航空機の車輪に隠れて少年が無賃飛行

    © Fotolia/ tivoly
    災害・事故・事件
    短縮 URL
    0 52

    15歳に満たないと思われる少年が7月1日、ラゴス空港についた航空機の降着装置に乗っているところを発見された。同機はナイジェリアの「メド・ビュー」航空のボーイング747機でロンドンを飛び立ち、ナイジェリア最大の都市ラゴスに到着したばかりだった。AFP通信が報じた。

    スプートニク日本

    ナイジェリアの民間航空問題局のサム・アドゥログノイエ局長はこの事件に首を傾げ、「どうしてこういう事態が起きえたのか、今後の再発を防止するため事件を討議している」と語っている。

    少年が高度9500メートル以上を飛んで、どうやって生き延びることができたのかはまさに謎。

    高度9000メートルから1万メートルでは気温はマイナス50度まで下がる。車輪部分に隠れて無賃飛行を試みる者の大多数は低温と酸欠で死亡するのが普通で着陸前に車輪が降ろされた瞬間、落下して死ぬケースも多い。

    これより前、中国の上海浦東国際空港で27日、乗客の80歳の女性が、幸運を祈って航空機のエンジンに硬貨を投げ、数時間もの遅れを発生させる事件があったとわかった。

    タグ
    びっくり, 事件
    コメント・ガイドディスカッション
    Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
    • コメント