23:48 2017年07月27日
東京+ 23°C
モスクワ+ 29°C
    21匹の猫を殺した罪で禁錮16年 米国

    21匹の猫を殺した罪で禁錮16年 米国【写真】

    © AFP 2017/ Patrick Pleul
    災害・事故・事件
    短縮 URL
    0 15722

    多数の猫を殺した罪でカリフォルニア州のロバート・ロイ被告が禁錮16年の刑を言い渡された。「USAトゥデイ」紙が伝えた。

    スプートニク日本

    2015年からカリフォルニア州のある地区で複数の猫が行方不明となった後死体となって発見される事件が相次いだ。

    最初の猫が失踪してから1か月後に犯人は逮捕された。当時、警察は駐車場に止まっていた車のメーターパネルの上で1匹の猫が死んでいるのを発見した。その車の中で眠っていた男が車の所有者のロイ被告だと判明した。被告の車の中からはその他にもナイフと血の付いた手袋、そして猫の毛が見つかった。

    ロイ被告は全部で21匹の猫を殺したとされている。

    ​先の報道によると、米テキサス州で元看護婦に30年以上にわたって少なくとも60人もの児童を殺害した嫌疑がかけられている。

    タグ
    ねこ, 米国
    コメント・ガイドディスカッション
    Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
    • コメント