23:46 2017年07月27日
東京+ 23°C
モスクワ+ 29°C
    在ダマスカス露大使館

    テロリスト、迫撃砲での在ダマスカス露大使館砲撃を試みる

    © Sputnik/ Mikhail Alaeddin
    災害・事故・事件
    短縮 URL
    1533310

    先の日曜日、シリア首都ダマスカスにあるロシア大使館への攻撃が試みられた。犠牲者や建物の倒壊はない。ロシア外務省が報じた。

    クルド人部隊「IS指導者 シリア国内で生存」
    © REUTERS/ Social Media Website via Reuters TV
    スプートニク日本

    同省サイトには、「7月16日、迫撃砲による在ダマスカス・ロシア大使館砲撃が試みられた。ハヤート・タハリール・アルシャーム(旧ヌスラ戦線)やフェイラク・アル・ラーマンのテロリストによってコントロールされている首都ジョバル地区から発射されたと見られている2発の迫撃砲弾は、大使館の外周近くで爆発した」とある。

    外務省は、「偶然にも幸い、犠牲者や建物の倒壊なしで済んだ」と指摘した。

    外務省は、「ロシアの外交使節団やダマスカスの平和な地区に対するテロ攻撃を断固非難する」と強調した。

    タグ
    シリア, ロシア
    コメント・ガイドディスカッション
    Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
    • コメント