16:39 2017年11月24日
東京+ 13°C
モスクワ-5°C
    スイス・アルプス、トンネル

    75年前に行方不明の夫婦の遺体が発見 スイス・アルプス【写真】

    © REUTERS/ Arnd Wiegmann
    災害・事故・事件
    短縮 URL
    0 224520

    スイス南西部レ・ディアブルレの標高2500メートルにあるスキーリフト近くの氷河で2人の遺体が先週発見された。同国警察が17日夜に発表した。ロイターによると、身元を明らかにする証明書が一緒に見つかった。

    スプートニク日本

    1942年8月、ヴァレー州シャンドレン村に住むマルセレン・デュムレンさんとフランシス・デュムレンさんが牛の搾乳に向かい、そのまま戻らなかった。

    リゾート企業「Glacier 3000」の代表ベルンハルト・トゥシャンネン氏は、「遺体はお互いの横になっていた。第二次世界大戦期の服装を着た男女だった。氷河にいた彼らの保存状態は完璧で、個人的な持ち物も保存されていた」と述べた。

    夫婦の末の娘であるマルセレン・ウドリ=ドュムレン(79)さんは、両親が行方不明になって以来ずっと、子供たちは捜索を続けていたと述べた。

    これより前、ペルーの洞窟で発掘調査中にセンセーショナルな発見がなされ、その動画が陰謀論サイトで公開された。

    タグ
    びっくり, 歴史, 事件, 第二次世界大戦, スイス
    コメント・ガイドディスカッション
    Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
    • コメント