03:21 2018年09月25日
カムチャツカ、クリュチェフスキー火山が6キロの噴煙柱

カムチャツカ、クリュチェフスキー火山が6千キロの噴煙柱

© Sputnik / Nachinkin M
災害・事故・事件
短縮 URL
0 12

ユーラシア大陸最高峰の活火山であるカムチャツカ半島のクリュチェフスキー火山が、6千メートルもの噴煙を噴き上げた。ロシア科学アカデミー地球物理学部カムチャッカ支部が伝えた。

スプートニク日本

発表には、「19日、火山で火山灰の強い噴出が確認された。KVERTのデータによると、噴出の高さは約6キロ。噴煙は火山の南西60キロに拡がっている」とある。

クリュチェフスキー火山の標高は4850メートルで、最も近い集落クリューチは、火山から45キロ離れた地点にある。

この火山が、直近の噴火活動を開始したのは2016年4月3日。学者達は定期的に、100メートルから200メートルの高さの溶岩の噴出を報告している。また地震の専門家達も、火山性の揺れを観測している。

火山に関連のニュースはこちら

タグ
火山, カムチャツカ, ロシア
コメント・ガイドディスカッション
Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
  • コメント