10:58 2017年10月24日
東京+ 16°C
モスクワ-1°C
    米海軍の空母「ニミッツ」(アーカイブ)

    米国防総省、ペルシャ湾での米、イラン艦艇の出来事についてコメントする

    © AP Photo/ Claude Paris
    災害・事故・事件
    短縮 URL
    0 38026

    米海軍司令部は、ペルシャ湾での米艦艇とイラン艦艇の最新の出来事を、「安全かつプロフェッショナル」と見なしている。AP通信が報じた。

    スプートニク日本

    28日、米海軍の空母「ニミッツ」と同艦を護衛していた巡洋艦はヘリコプターを飛ばし、米艦艇を監視していたイランのミサイル艇に接近した。

    イラン軍は、この「挑発的な行動」を無視して任務を続け、米艦艇は現場海域から去ったという。この出来事は、イランの石油・ガスプラットフォームの近くで起こった。

    米国とイランの艦艇が接近したのは、この1週間で2回目となった。25日、米海軍の艦艇は、接近したとしてイランの艦艇に警告射撃を行った。

    イランのイスラム革命防衛隊のラスール・サナイ・ラッド政治問題担当副司令官は、今回の出来事についてコメントし、ペルシャ湾での米海軍の行動は、米国にとって「重大な結果」に終わる可能性があると警告した。

    またイスラム革命防衛隊は、28日に米空母「ニミッツ」と同艦を護衛していた艦船がヘリコプターを飛行させ、イランのミサイル艇に接近、米海軍が照明弾による警告射撃を行ったと指摘した。

    関連記事

    英国、南シナ海へ最新空母2隻を派遣へ

    ロシアとトルコのS400購入取引への米国の反応 不安か恐喝か

    タグ
    軍事, 戦争・紛争・対立・外交, アメリカ軍
    コメント・ガイドディスカッション
    Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
    • コメント