23:46 2018年09月21日
マンゴ

西アフリカ 果樹の伝染病が猛威【動画・写真】

© Fotolia / Hanohiki
災害・事故・事件
短縮 URL
214

専門家によると、西アフリカのガーナで、果樹の病気「かいよう病」がマンゴーの栽培地で発生し拡大している。この病気の発生は同国ブロング=アハフォ州で確認された。

スプートニク日本

「かいよう病」はマンゴーや他の植物で発生し、木に生る果実の数を減らし、また果実が収穫に適するようになる前に落ちてしまうという被害をもたらす。この病気の特徴は、複数の黒い斑点が最初は葉に、その後果実に広がっていくという点だ。2012年にはブロング=アハフォ州のマンゴー収穫量の70%が「かいよう病」によって失われた。

現在、植物病理学者らが「かいよう病」の拡大を管理下に置くために努力を続けている。農民に対し、農園のマンゴーの状態を早期に確認することの必要性を伝え、病気が発生した場合はその治療法を指導している。マンゴーの果実はガーナの輸出品の中で重要な地位を占めており、その収穫は国にとって非常に大きな意味を持っている。

先の報道によると、米国の学者たちは、フロリダ州の5つの郡で、脳性麻痺を起こす広東住血線虫を発見した。

タグ
食べ物, 食料, 病気, アフリカ
コメント・ガイドディスカッション
Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
  • コメント