22:01 2017年09月20日
東京+ 25°C
モスクワ+ 16°C
    iPhone

    米国でiPhoneカバーケースの化学熱傷が多発【写真】

    © Fotolia/ Marek Yuralaits
    災害・事故・事件
    短縮 URL
    0 39302

    ミックスビン・エレクトロニクス社はiPhone 6と 6s 、7のケースカバー26万個の回収に踏み切った。ケースカバーが化学熱傷、水疱、かゆみなどを引き起こしたのがその理由。ミックスビン・エレクトロニクス社製造のカバーケースは「ヴィクトリアズ・シークレット」「トリーバーチ」「ノードストローム」などの店で販売されている。

    スプートニク日本

    ミックスビン・エレクトロニクス側が明らかにしたところでは全世界で今までにケースカバーが原因となった熱傷が24件報告されている。そのうち19件は米国で起きている。被害者のひとりは足、顔、首、上半身、手に外傷ができたと語っている。熱傷はひとつにはケース内に入れられた光る液体が漏れ出し、それが皮膚と接触したため起きている。

    ミックスビン・エレクトロニクス社は使用で危険を生じうるケースカバーのリストを発表しており、購入者全員に回収に協力するよう呼びかけ、同社の製造品であることが確認できた場合、返金を約束している。

    先ほど、半数以上のドイツ人は、同国の自動車メーカーがもはや信頼に値しないと見ていることが明らかになった。

    タグ
    テクノ, びっくり, 事件, 米国
    コメント・ガイドディスカッション
    Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
    • コメント