01:43 2019年02月21日
アルロサ社ダイヤモンド鉱山の坑道水没 ロシア・サハ共和国

アルロサ社ダイヤモンド鉱山の坑道水没 ロシア・サハ共和国

© Sputnik / Alexei Druzhinin
災害・事故・事件
短縮 URL
105

ヤクーチア(サハ共和国)にある「アルロサ」社のダイヤモンド鉱山「ミール鉱山」で坑道が水没した。同社が発表した。

スプートニク日本

事故は地元時間16時30分に発生。救助隊がおよそ150人の作業員を避難させた。これまでの情報によると、けが人はいない。

同社は「緊急時対応計画を発動。作戦式本部を創設。救助作戦を進めている」と発表した。

ミールヌィにはすでに「アルロサ」社のセルゲイ・イヴァノフ社長、サハ共和国のエゴール・ボリソフ大統領、救助隊、集中治療医や外科医、心のケアをする専門家チーム、連邦・共和国省庁のトップが到着した。

「ミール」ダイヤモンド地下鉱山は2009年に操業開始。予定採掘機関は50年。採掘量は年およそ100万トンの鉱石となる。

先ほど、強い台風5号(ノルー)が、南から奄美諸島の方向に進んでいると日本の気象庁が伝えた。

タグ
事故, ロシア
コメント・ガイドディスカッション
Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
  • コメント