04:58 2018年09月26日
災害・事故・事件

新潟県 野球練習直後倒れた高校生死亡原因が照明

災害・事故・事件
短縮 URL
0 14

新潟県加茂市の加茂暁星高校に通った2年生の女子マネジャー(16)は7月21日、野球部の演習直後に走り倒れて、意識不明になった。女子は今月5日、病院で低酸素脳症による死亡した。朝日新聞が報道した。

スプートニク日本

女子は7月21日に同校から3・5キロ離れた野球場で野球部の練習した直後男子部員と一緒に学校まで走り戻ることにしたが、同校に近づき玄関前で倒れたという。普段、生徒たちは帰るのはマイクロバスだったが、この日はけがをした部員がバスに乗るなどしたため、監督は女子を走って戻らせた。

同校によると、女子生徒は7月21日午後5時半すぎ、同校から約3・5キロ離れた野球場での練習に参加。午後7時半ごろに練習を終え、男子部員と一緒に走って学校に戻った直後、玄関前で倒れたという。女子生徒が倒れた直後、駆けつけた監督は「呼吸は弱いけれどある」と判断し、救急車が来るまでの間、AED(自動体外式除細動器)は使用しなかった。朝日新聞が報道した。

先の報道によると、イタリア北東部トレンティーノ=アルト・アディジェ州で、旅客列車が脱線した。救助隊がおよそ80人の乗客を車両から助け出した。

タグ
事件, 健康, 日本
コメント・ガイドディスカッション
Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
  • コメント