20:20 2017年10月24日
東京+ 15°C
モスクワ+ 0°C
    カムチャッカ クリュチェフスコイ火山 6千メートルの噴煙

    カムチャッカ クリュチェフスコイ火山 6千メートルの噴煙

    © Sputnik/ Ewgeniy Neskoromniy
    災害・事故・事件
    短縮 URL
    0 116202

    ロシア極東カムチャツカ半島にあるクリュチェフスコイ火山が21日、6千メートルもの噴煙を噴き上げた。ロシア科学アカデミー地球物理学部カムチャッカ支部が発表した。

    スプートニク日本

    カムチャツカ地方非常事態省の発表によると、クリュチェフスコイ火山の火口から噴き上げられた噴煙の高さは海抜6000メートル。噴煙は火山から北西に250キロの範囲に広がった。

    発表では、住民居住地区への火山灰降下は、今のところ報告されていない。

    クリュチェフスコイ火山の標高は4850メートルで、最も近い集落クリューチは、火山から45キロ離れた地点にある。

    火山関連のニュースがこちら

    タグ
    火山, カムチャツカ, ロシア
    コメント・ガイドディスカッション
    Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
    • コメント